「[[Open棟梁 wiki>https://opentouryo.osscons.jp]]」は、「[[Open棟梁Project>https://github.com/OpenTouryoProject/]]」,「[[OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会>https://www.osscons.jp/dotNetDevelopmentInfrastructure/]]」によって運営されています。

-[[戻る>FrontPage]]

*目次 [#o129179c]
#contents

*概要 [#vfcb54fa]
本Wikiの内容がマニアックすぎるのでエンドユーザ様向けPR情報をサマリします。

*事例情報 [#k8d9fc5c]
-大林組の営業情報システムを再構築し、情報共有と業務効率向上を実現~
国内外の土木・建築の工事計画情報と関連情報を集約し、~
営業体制の強化と受注拡大を支援|株式会社日立ソリューションズ~
http://www.hitachi-solutions.co.jp/company/press/news/2017/0330_2.html

*Open棟梁の説明 [#w576a58d]

**v3.0系 [#h869a88a]
未定

**現(v2.0系) [#l8a01239]
-v2.0系になって、以下のようにコンセプトを刷新しましたが、
--「迅速なサービスインの実現。」
--「クラウドファースト、モバイルファースト時代の開発に追随。」

-引き続き、[[v1.0系の旧コンセプト>#b5243b87]]も踏襲しています。

***Open棟梁2.0 コンセプト [#xfadee70]
Open棟梁2.0リリース時のコンセプト説明資料

-Open棟梁2.0 迅速なスタートアップの立ち上げを実現する。 - OSSコンソーシアム
--第 1 回~
https://www.osscons.jp/joltwvyc1-537/#_537
--第 2 回~
https://www.osscons.jp/jo24f2khj-537/#_537
--第 3 回~
https://www.osscons.jp/jo9proccg-537/#_537

-Open棟梁 v02-00 コンセプト~
https://www.slideshare.net/daisukenishino/open-v02-00

***.NET Core, Linux対応情報 [#fcb60c00]
-[[.NET Core対応]]
-[[Docker対応]]

**旧(v1.0系) [#b5243b87]
v1.0系のコンセプトは「エンタープライズ・システム開発のQCFD向上」です。

***概要説明 [#sfb1383d]
-Open棟梁概要説明 v02-00~
https://www.slideshare.net/daisukenishino/open-01-50-40474003

***機能説明 [#sf8e0c5a]
-Open棟梁機能紹介 v02-00~
https://www.slideshare.net/daisukenishino/open-0150

***動的パラメタライズド・クエリ [#o80e7036]
Youtubeで「動的パラメタライズド・クエリ」のユーザ・エクスペリエンスを動画で確認できます。

-改めて、【Open棟梁 動的パラメタライズド・クエリ】のご紹介。 - OSSコンソーシアム~
https://www.osscons.jp/jo5uigfjn-537/#_537

*汎用認証サイト関連 [#e1d08647]

**スマホでのシングル・サインオン [#sda57d70]
Youtubeで「スマホでのシングル・サインオン」のユーザ・エクスペリエンスを動画で確認できます。

-Single Sign-On user experience with OAuth PKCE by Open棟梁 and Cordova. - OSSコンソーシアム~
https://www.osscons.jp/jobgbko8n-537/#_537

**FIDO 2.0 による生体認証 [#s3165978]
Youtubeで「FIDO 2.0 による生体認証」のユーザ・エクスペリエンスを動画で確認できます。

-OSSコンソーシアム

--【Open棟梁 汎用認証サイト】FIDO 2.0 による生体認証をサポートしました。~
https://www.osscons.jp/joybnhri9-537/#_537

--Security Key by YubicoというFIDO2.0認証器を評価する
---(1)~
https://www.osscons.jp/jogiz4cps-537/#_537
---(2)~
https://www.osscons.jp/joi5xu2en-537/#_537

パスワードと生体認証の2要素認証にも利用できます。

**OAuth / OpenID Connect導入 [#s22be7ea]

***ソリューション [#jb5cd243]

-【Open棟梁 汎用認証サイト】による認証ソリューションのご紹介。 - OSSコンソーシアム~
https://www.osscons.jp/joun9gk1u-537/#_537

***コンサルティング [#k4d5d60e]

-OAuth / OpenID Connectによる課題解決 - マイクロソフト系技術情報 Wiki~
https://techinfoofmicrosofttech.osscons.jp/index.php?OAuth%20%2F%20OpenID%20Connect%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E8%AA%B2%E9%A1%8C%E8%A7%A3%E6%B1%BA

*汎用モバイル・バックエンド関連 [#v0d2b04a]
・・・

*エコシステム [#ubceb7be]

**コミュニティ [#l06c84eb]
-OSSコンソーシアム~
https://www.osscons.jp/

--.NET 開発基盤部会 - OSSコンソーシアム~
https://www.osscons.jp/dotNetDevelopmentInfrastructure/

-GitHub上のOrganization

--OpenTouryoProject~
https://github.com/OpenTouryoProject

**オンライン・サポート情報 [#p3fafa34]

***Wiki [#se5dc3f5]

-Open 棟梁 Wiki(本Wiki)~
http://opentouryo.osscons.jp/

-マイクロソフト系技術情報 Wiki~
http://techinfoofmicrosofttech.osscons.jp/

***チュートリアル、利用ガイド [#n5858806]

-[[チュートリアル]]~

-利用ガイド~
https://github.com/OpenTouryoProject/OpenTouryoDocuments/tree/master/documents/1_User_Guide

***掲示板 [#efb414e1]
質問などの書き込みはコチラにお願いします。

-OpenTouryoProject - Google グループ~
https://groups.google.com/forum/#!forum/opentouryoproject

**オンライン・コンテンツ [#tf33a03b]

***部会ブログ [#ue34662f]
-開発基盤部会 Blog - OSSコンソーシアム~
https://www.osscons.jp/dotNetDevelopmentInfrastructure/Blog/

***NuGet [#fc5d59cd]
-2017年10月から、NuGetにライブラリの登録を開始しました。~
ダウンロード件数から開発のアクティビティを観測できます。

--NuGet Gallery | Packages matching OpenTouryo~
https://www.nuget.org/packages?q=OpenTouryo

-パッケージ・マネージャを使用した迅速な環境作成が可能です。~
(大規模開発などの場合、ローカルのパッケージ・マネージャ利用やパッケージ・マネージャを外すことも可能)

--[[NuGetからローカルに切り替える。]]

***SlideShare [#tb8f76b8]
-Presentations on SlideShare~
https://www.slideshare.net/daisukenishino/presentations

***Youtube [#f76d07fe]
-Open棟梁 - YouTube~
https://www.youtube.com/playlist?list=PLBLCf3w5hsJcniuqCDE1U_p7_SHmWnHV5

***営業素材PPT [#qd296028]
-%% https://1drv.ms/f/s!Amfs5caPP9r5iR4crdkBq8Zn1zCf %%
-https://1drv.ms/f/s!Amfs5caPP9r5iTyuc8WP1apnBJVn

**メール問い合わせ [#j2ae1c2d]
メールでのお問い合わせはコチラにお願いします。

-ws-dotNetDevInfra-contact@osscons.jp

*FAQ [#e31d1953]

**メリット/デメリット [#tc1df8b6]

***メリット [#fd9215cf]
-OSS(オープンソースソフトウェア)であること。

--企業としてDISCON(中断)になっても、OSSは継続可能。

--将来のマイグレーション時に最新バージョンを適用可能。

--ライセンス~
Apache License, Version 2.0ライセンスなので
---製作物の商用利用が可能。
---改修可能(コピーレフトでない)
---ライセンス・フィーの観点で無償である。

--高い透明性~
様々な情報がインターネット上で共有される。
---ソースコード
---サポート技術文書
---ロードマップ
---バグ情報
---開発者の感想
---, etc.

-サポートの観点では
--下記を使用したセルフ・サポートが可能。
---[[オンライン・サポート情報>#p3fafa34]]
---[[オンライン・コンテンツ>#tf33a03b]]
--詳しくは、[[コチラ>#q975e440]]を参照。

-SIerのノウハウを流用可能
--SIerの治工具として開発されている。
--システム開発の内製化にも適合する。
--「&color(red){IDE + テンプレート + フレームワーク & ライブラリ};」~
という、開発支援ツールとして、新しいスタイルを採用している。

***デメリット [#z97aa310]
自セグメントに適合しない場合、デメリットになる。

「[[開発支援ツールとは?>#uff0a913]]」で説明されている、~
「&color(red){IDE + テンプレート + フレームワーク & ライブラリ};」の、~
セグメント・ターゲットに合致しているかを確認下さい。

-IDE(統合開発環境)、Dry (Don‘t repeat yourself)
--数画面の小規模開発向け。
--中・大規模開発では破綻する。~
(e.g. : 画面数:30画面以上、開発者数:5人以上)

-RAD ツール
--ニッチ用途向けの開発環境。
--特定用途には適合する可能性がある。

-EUC ツール
--エンドユーザーでのコンピューティングを実現。
--デザイナ+自動生成機構などを活かした高い生産性。
--柔軟性が低いので要求に答えられないことがある。

-統合 CASE ツール
--大規模SIに於けるSIer側の需要に特化。
--ウォーターフォール・モデルにのみ適合。
--エンド・ユーザーが使うのは難しい。

-&color(red){IDE + テンプレート + フレームワーク & ライブラリ};
--高い柔軟性を維持したままQCDを向上できる(≒QCDF)。
---多様な処理方式に対応
---最新技術への追随が可能。
---クロス・プラットフォームにも対応

--標準的なフレームワーク & ライブラリを採用することによって、
---習得コストが低くなる。
---要員確保も容易になる。

--EUCではない。
---柔軟性を発揮するには、テンプレートを改修するため、ある程度のスキルが必要。
---ただし、テンプレート化によって標準化され、追加開発のハードルは下がる。~
(このため、SIだけでなく内製化にも適合する)。

**習得について [#c1ea307b]

***質問 [#pe0089f7]
-引継ぎや教育がどれくらい必要か?
-どれくらい勉強が必要なのか(難しいものなのか)?

***回答 [#jaabc7cd]
-「[[チュートリアル、利用ガイド>#n5858806]]」をご参照下さい。

-目安
--立上げ、テンプレート化を行うリードエンジニアにはVisual Studio, .NETの一般的知識が必要になります。
--リードエンジニアのファーストステップは、「[[チュートリアル、利用ガイド>#n5858806]]」を使用して3日程度で実施可能です。
--リードエンジニアがプロジェクト・テンプレートを作成した後は、~
画面 - DBMS間の項目移送を実装するレベルのスキルで開発が可能になります。

**その他 [#a9ca7d92]

***[[画面イメージ]] [#a49462b2]
[[コチラ>画面イメージ]]をご参照下さい。

***保守・改修イメージ [#ic4d0804]
-本開発基盤、開発ツールはリポジトリなどからの自動生成を主体としておりません。

-故に、新規開発時も保守・改修時も、
--開発ツールの利用方法は大きく変わりません。
--IDE(Visual Studio)標準のエクスペリエンスで開発が可能です。

*参考 [#s2db2198]

**内部リンク [#q8b3d03e]

***[[コンセプト]] [#b734ec7b]

***[[適用効果]] [#yfa03f95]

***[[機能一覧]] [#m1b7e031]

***[[サポートについて]] [#q975e440]

***[[リリース情報]] [#rf643204]

***[[評価]] [#e6cec23e]
-[[評価方法]]
-[[開発基盤の選定ガイドライン]]

**OSSコンソーシアム [#j10f0f0d]

***開発支援ツールとは? その種類と特徴を、まめてみした。 [#uff0a913]
https://www.osscons.jp/jowaxn8yr-537/#_537

***Open棟梁プロジェクトの取組について。 [#h97db035]
最新のコンセプト説明資料

-Open棟梁プロジェクトの取組について。 - OSSコンソーシアム~
https://www.osscons.jp/joekupi0t-537/#_537

***Open棟梁プロジェクトの背景について。 [#sca5c4cf]
Open棟梁プロジェクトの背景は、生産技術ミッションのQCDF向上です。

-Open棟梁プロジェクトの背景について。 - OSSコンソーシアム~
https://www.osscons.jp/joxn6orp7-537/#_537

***Open棟梁プロジェクトの起源について。  [#k89a63f1]
起源(どのようにしてこのプロジェクトが立ち上がったのか?)

-OSSコンソーシアム
--第 1 回~
https://www.osscons.jp/jovhb4u5u-537/#_537
--第 2 回~
https://www.osscons.jp/joiwseup2-537/#_537
--第 3 回~
https://www.osscons.jp/jovplg4up-537/#_537
--第 4 回~
https://www.osscons.jp/jooifez5q-537/#_537

***ステークホルダー向け提案の気付きやポイント [#j6631443]
ステークホルダーに対して効果的な提案を行う気付きやポイント。

-OSSコンソーシアム

--Open棟梁と、さまざまな開発標準とのフィッティング案~
https://www.osscons.jp/jomanyt0z-537/#_537
>ユーザー様 開発標準とフィッティングする提案のベース。

--ユーザ様 向けに提案型営業をしていて思ったこと。~
https://www.osscons.jp/joavnz129-537/#_537
>ステークホルダーのマネジメントについて。

--ユーザ様 向け提案活動で必要となった性能測定結果~
https://www.osscons.jp/joh0w2vqn-537/#_537
>ステークホルダーに対する「不安の払拭」&「優位性の明示」が重要になる。

--変えたくないけどオープン化の波。どう対応する?的な話。~
https://www.osscons.jp/joe6v0pst-537/#_537
>技術の重要性(有用性)を理解して貰い、~
「技術的なことを覚えたくない。」という~
スタンスから変化を促すことが効果的では無いか?

***プロジェクトを長続きさせる秘訣 [#qea04bae]
プロジェクトを長続きさせる秘訣、~
如何に少数精鋭で良いモノを作るか?に尽きます。~
(良い設計・実装、良いマネジメント、コスト削減努力)

-OSSコンソーシアム

--10年以上、継続するプロダクト(開発基盤)の設計ポイント~
https://www.osscons.jp/jo20ti77y-537/#_537

--PMP視点で見る開発基盤開発プロジェクトのマネジメントについて。~
https://www.osscons.jp/jort25ufk-537/#_537

--ペイライン上げたらなんもできなくなるので下げる。と言う話。~
https://www.osscons.jp/joi8vd2dp-537/#_537

***イベント開催・参加 [#t8b72cd8]
-“Microsoft + OSS” Meetupでライトニング トークをしてきました。~
https://www.osscons.jp/joql8elk1-537/
-中堅、中小企業の業務に最適なオープンソース活用セミナー参加報告~
https://www.osscons.jp/jo1gelbe5-537/
-“Microsoft + OSS” Meetupでライトニング トークをしてきました。~
https://www.osscons.jp/joql8elk1-537/
-OSC 2018 広島 参加報告~
https://www.osscons.jp/jo2allmgh-537/

IP:27.231.22.58 TIME:"2018-10-30 (火) 10:52:02" REFERER:"https://opentouryo.osscons.jp/index.php?cmd=edit&page=%E5%96%B6%E6%A5%AD%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%84" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/70.0.3538.77 Safari/537.36"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS