[[戻る>FAQ]]

-複数画面対応のWebアプリケーションに対応しているか?
>どのようなパターンでも対応可能です。また、ブラウザウィンドウ別Sessionなどの、複数画面対応のWebアプリケーション開発を支援する機能を活用できます。

-クロス ブラウザに対応しているか?
>IE6 / 7 / 8、Firefox、Safari、Google Chrome、Operaで動作確認を取っています。しかし、SP、新バージョンについてはチェックし切れていない所もあります。以下、クロス ブラウザに於ける既知の制限事項になります。

--ダイアログ表示機能のうち、 業務モーダル ダイアログの表示のみIE限定と言う制限事項があります。 OK、Yes/Noメッセージ ダイアログの表示はクロス ブラウザに対応しています(ただし、Operaはブラウザ自体がダイアログ未対応)。

--また、LinkButton、ImageMapなど、hrefの__doPostBack()メソッドを使用してポストバックするコントロールで 二重送信防止機能がIE6のみ有効にならないと言う制限事項があります。

-Internet系のシステムに於いて、Sessionタイムアウト時も処理を続行させたい。
>Sessionタイムアウト検出機能と、Sessionを継続的に使用する必要のあるフレームワーク機能(下記参照)を全てOFFにすることで、Internet系システムの要件にも対応できます。
--[[セッション領域の自動削除機能]]
--[[ボタン履歴情報記録機能]]
--[[不正操作防止機能]]

-負荷分散クラスタに於いてフェイル オーバー後、業務続行可能か?
>SQL Server、Oracle、いずれかのSessionモードを選択し、専用のSession状態保持用サーバを新設することでフェイル オーバー後、業務続行可能となります(Session状態保持用サーバは単一障害点となり得ますので、二重化できないStateServerは選択肢から外しています)。StateServerは同一サーバ内に立てることでサーバ メモリの有効活用やサーバ再起動時にも業務続行可能にすると言った信頼性向上に役立ちます。

-マスタ ページの利用は必須か?
>基盤の定義をマスタページに持つため必須です。基盤の定義以外は、空のマスタページでも問題ありません。

-マスタ ページのネストをサポートしているか?
>サポートしています。

- P層イベント処理機能の対応コントロールを追加したい。
>最新バージョンでは、コントロールのプレフィックスで コントロール(イベント)をハンドルするようになっています。 ベースクラス2のコントロール取得処理や 中継イベント ハンドラをカスタマイズすることで、対応コントロールを追加できます。

-今回は、P層イベント処理機能をキャンセルしたい。
>configファイルに指定する、コントロール毎のプレフィックスを空に指定すれば、 P層イベント処理機能をキャンセルできます。

-ログイン画面でSessionタイムアウト例外が発生する。
>「Open 棟梁」のP層フレームワークを使う場合は、Sessionを必要としますので、インターネット環境下などDoS系攻撃が可能な環境下のログイン画面には、「Open 棟梁」のP層フレームワークを 使用したカスタム認証のログイン画面は使用しないようにするか、Windows認証や専用の認証基盤(SiteMinder等)をご利用ください。未認証状態でのSession Cookie発行は問題とされています。なお、[[IsNoSessionフラグ]]をtrueに設定すると、当該画面でのみ[[ボタン履歴情報記録機能]]、[[不正操作防止機能]]をOFFにするため、this.FxSessionAbandon()メソッドを実行して「Session.Abandonメソッドの実行」「Sessionタイムアウト検出用Cookieの消去」を行っても、例外を発生させず処理を続行可能です。上記フラグは基本的にログイン画面での使用を想定しています。 また、[[ボタン履歴情報記録機能]]、[[不正操作防止機能]]が 有効にならない場合は画面に上記フラグが誤って設定されている可能性があります。

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS