Open棟梁 wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

KPI

KGI

開発基盤のKPIとKGI

開発基盤の役割

開発基盤は、

ソフトウェア・ライフサイクル上での「Q/C/D/F」向上

というKGIを達成するための、

KPI

を向上させる

として機能する。

開発基盤とKPI・KGIの関係

KGIKPI
QCD
・Q : Quality(品質/信頼性)
・C : Cost(原価低減)
・D : Delivery(納期短縮)
品質・生産性
標準化の度合い
共通化・再利用の度合い
F : Flexibility(柔軟性)
保守性
迅速な障害対応
バージョンアップの指標の指標
・互換性(compatibility)の指標
・移行性(portability)の指標
KGIKPI
ブランド認知プロモーション・サイト
・ページ数
・PV
サポート力サポート技術情報
・ページ数
・PV
標準技術対応の度合い。
・.NET
 ・Windows Forms, WPF, UWP,
 ・ASP.NET WebForms?, MVC,
 ・ASP.NET WebService?, WCF, WebAPI,
 ・ASP.NET Identity, ADO.NET, etc.
・OSS
 ・Apache log4net、DotNetZip?, Dapper,
 ・PostgreSQL, MySQL,
 ・.NET Standard, .NET Core,
 ・Apache Cordova, etc.
・プラットフォーム
 ・Windows, Linux,
 ・Android, iOS, etc.
・標準技術
 ・JavaScript? (ECMAScript),
 ・JSON, JWT(JWS/JWE/JWK),
 ・OAuth2/OpenID Connect/Financial API, etc.

KGI

アプリケーション開発から、保守までを含めたライフサイクル全体の成功

= ソフトウェア・ライフサイクル上での「Q/C/D/F」向上。

品質/信頼性

標準化、共通化・再利用による、

Q : Quality(品質/信頼性)

生産性

生産性の向上による

C : Cost(原価低減)

D : Delivery(納期短縮)

柔軟性

柔軟性の向上による

F : Flexibility(柔軟性)

KPI

以下を指標として利用できます。

標準化の指標

標準化の度合い

標準化の効果

大規模案件になればなるほど大きくなる標準化等の設計工数を削減できます。

共通化・再利用の指標

対象

共通化・再利用の度合い

共通化・再利用の効果

設計と実装の共通化・再利用による工数削減が可能

柔軟性、保守性

迅速な障害対応

バージョンアップの指標

ランタイムのバージョンアップに追随可能か?

互換性(compatibility)の指標

ランタイムを別ランタイムに装換可能か?

移行性(portability)の指標

異なる環境に移行可能か?

参考

参考になるリンク先。

KPIとKGI

KPI

KGI

QCDF

QCD(quality, cost, delivery)

適用効果」を参照。

F(flexibility)

下記の「保守性」を参照。

標準化

品質管理用語らしいです。

保守性

バージョンアップ

互換性(compatibility)

移行性(portability)


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS