Open棟梁 wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

開発基盤のプログラム・マネジメントの際の注意点。

方針

ポートフォリオ

事業ポートフォリオに合わせて個々のプロジェクトをプログラムする。

オープン or クローズド

オープン

主に利用するモノ。

クロースド

主に独自開発するモノ。

要素

以下のような要素を準備した上で組み立てる。

言語やプラットフォーム(オープン)

言語

シェア - .NET 開発基盤部会 Wiki > 言語

プラットフォーム

シェア - .NET 開発基盤部会 Wiki > OS, クライアント, サーバ, プラットフォーマー

独自性の有るコンテンツ力(クローズド)

ライブラリ、フレームワーク → テンプレート

ランタイム

ランタイムは毛色が少々異なる。

言語やプラットフォーム(オープン)と対比すると「ニッチ」と言える。

ドキュメント(形式知)

インターネットに書いた方がイイ(イントラは誰も見ない)。

ノウハウ(暗黙知)

業務パッケージ

組立

パターン

スタック(前提)

上位と下位をスタックさせて組み立てる。

上位・下位にズレると専門外になるので、組合わせに専門家間での連携が必要になる。
(ただ、単純に乗るケースも多いので、1ユーザとして使用するダケで済む場合も多い)

※ 昨今、オープンなものは、大概、スタックは出来るようになってきた。
(スタックすること自体は独自性が低く、施策の必要条件ではあるが十分条件では無くなって来ている)。

コラボレーション(差別化)

組立のポイント

そもそも、ビジネス・ニーズからブレークダウンすればあまり考えなくてイイ事だが、
組織都合から施策(プロジェクト)がスタートしている場合は、組立に注意が必要。

STPの見極め

実際にあるビジネス・ニーズに、自身が応えることが出来るか?と言う事。

モチベーション

AS-IS -> TO-BE(モチベーション)が、
前述のポジショニング(STの次のP)のために重要になる。

制度設計の重要性

プログラムを構成する個々のプロジェクトが
正確に評価されるようにする必要がある。

脱・組織都合

ツールと技法の利用

プログラム・マネジメントのツールと技法を使用して、
ビジネス・ニーズからベネフィット・マップへの落とし込む。

ビジネス・ニーズ

ニーズ

開発基盤のオープン化が必要

背景

戦略目標とベネフィット

戦略目標

「顧客が望む」、オープン化に対応できるよう、開発基盤を変更する。

ベネフィット

↓ ↓ ↓

ビジネス・ケース

前提条件

制約条件

リスク

費用/財務

OSSコミュニティで実施

投資収益率(ROI)

市場分析

競合分析

組織の検討事項

技術情報開示決裁

プログラム記述

実行計画

ベネフィット・マップ

ベネフィット・マップ

オープン・アーキテクチャ化

某弊開発基盤

コンポーネント行動変容ベネフィット行動変容プログラム目標
Open棟梁の.NET 5 対応---(開発 / 利用)--->フロントエンド、バックエンドのWrite once, Run anywhere化---(活用の拡大)--->・生産性の向上
・クラウド、スマホ環境のサポート
・更なる好循環を生む。
WebAPI、SAML2、OAuth2 / OIDC / FAPIサポート様々なシステム間連携を実現する。
GUI開発スタックにNode.jsを採用フロントエンドのWrite once, Run anywhere化
IoT、ビッグデータ、AI分野への進出トランスフォーメーションの促進日式エッスアイ(項目移送おじさん)事業のシュリンクに伴う出口戦略を提供

実行と終結

ガバナンス構造の確立と、監視・制御

サポートとメンテナンスの移管

参考

プログラム・マネジメントで生成されたコンセプト

.NET 開発基盤部会 Wiki

組織的プロジェクト・マネジメント(OPM)

ステークホルダー・エンゲージメント・マネジメント

OSSコンソーシアム

2018年度 第3, 4Q 投稿記事とWikiアクセス・カウントまとめ

2018年度 第3, 4Q は「サプライサイド・デマンドサイド対立」を分析してみました。

https://www.osscons.jp/jog2ubp4p-537/#_537

組織的プロジェクトマネジメント(OPM)関連


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS