Open棟梁 wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

開発基盤のプログラム・マネジメントの際の注意点。

方針

オープン

主に利用するもの。

クロースド(独自性)

主に独自開発するもの。

オープン、クロースド

言語やプラットフォーム(オープン)

言語

シェア - .NET 開発基盤部会 Wiki > 言語

プラットフォーム

シェア - .NET 開発基盤部会 Wiki > OS, クライアント, サーバ, プラットフォーマー

コンテンツ(クローズド)

コンテンツ力が必要になる。

業務パッケージ

テンプレート

テンプレートとパッケージ・マネージャを使用して、
スタックを組んで、TODOコメントを提供する。

ランタイム、ライブラリ、フレームワーク

テンプレートの機能強化によって出来上がる。

ドキュメント

インターネットに書いた方がイイ(イントラは誰も見ない)。

ノウハウ(遂行能力

組立

パターン

スタック

上位と下位のスタックを組み立てる。

上位・下位にズレると専門外になるので、組合わせに専門家間での連携が必要になる。
(ただ、単純に乗るケースも多いので、1ユーザとして使用するダケで済む場合も多い)

※ 昨今、オープンなものは、大概、上下スタックは出来るようになってきた。
(独自性が低く、施策の必要条件ではあるが十分条件では無くなって来ている)。

コラボレーション

前提

STPの見極め

上位の方が明確だが、下位のモノにも存在する。

モチベーションやAS-IS

例えば、

制度設計の重要性


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS