「[[Open棟梁 wiki>https://opentouryo.osscons.jp]]」は、「[[Open棟梁Project>https://github.com/OpenTouryoProject/]]」,「[[OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会>https://www.osscons.jp/dotNetDevelopmentInfrastructure/]]」によって運営されています。

-[[戻る>汎用認証サイトのファーストステップガイド]]
--[[汎用認証サイトのファーストステップガイド (1)]]
--[[汎用認証サイトのファーストステップガイド (2)]]
--[[汎用認証サイトのファーストステップガイド (3)]]
--[[汎用認証サイトのファーストステップガイド (4)]]
--[[汎用認証サイトのファーストステップガイド (5)]]
--汎用認証サイトのファーストステップガイド (6)
--[[汎用認証サイトのファーストステップガイド (7)]]

*目次 [#i6d74b0f]
#contents

*概要 [#i66a9a73]
[[汎用認証サイト(Multi-purpose Authentication Site)]]~
の導入前の評価を行うためのファーストステップガイド。

(6) では、汎用認証サイトの*2の認証連携を構成する。

*手順 [#p0fc1e2c]

**準備 [#n698f791]
***ID連携コードの修正 [#r01c71d3]
必要に応じてID連携コードを修正する(どの属性を連携するかなど)。

-Client
--https://github.com/OpenTouryoProject/MultiPurposeAuthSite/blob/develop/root/programs/MultiPurposeAuthSite/MultiPurposeAuthSite/Controllers/AccountController.cs#L355
--https://github.com/OpenTouryoProject/MultiPurposeAuthSite/blob/develop/root/programs/MultiPurposeAuthSite/MultiPurposeAuthSite/Controllers/AccountController.cs#L1749

-Server
--https://github.com/OpenTouryoProject/MultiPurposeAuthSite/blob/develop/root/programs/MultiPurposeAuthSite/MultiPurposeAuthSite/Models/ASPNETIdentity/TokenProviders/AccessTokenFormatJwt.cs#L142
--https://github.com/OpenTouryoProject/MultiPurposeAuthSite/blob/develop/root/programs/MultiPurposeAuthSite/MultiPurposeAuthSite/Controllers/OAuthResourceApiController.cs#L153

***サイトの複製 [#c59fc555]
サイトを複製し、2つのサイトを準備する。

-\root\programs\MultiPurposeAuthSite\MultiPurposeAuthSiteフォルダをコピーして、MultiPurposeAuthSite2を作成。
-\root\programs\MultiPurposeAuthSite\MultiPurposeAuthSite.slnファイルをコピーして、MultiPurposeAuthSite2.slnを作成。
-MultiPurposeAuthSite2.slnがMultiPurposeAuthSite2フォルダ以下の*.csprojをポイントするように変更。

***MultiPurposeAuthSite2側 [#ybac7223]
MultiPurposeAuthSite2側の修正。

-[[IISExpressのportを63359から63360に変更する。>https://github.com/OpenTouryoProject/MultiPurposeAuthSite/blob/develop/root/programs/MultiPurposeAuthSite/MultiPurposeAuthSite/MultiPurposeAuthSite.csproj#L605]]
-[[SessionCookie名をmas_sessionからmas2_sessionなどと変更する。>https://github.com/OpenTouryoProject/MultiPurposeAuthSite/blob/develop/root/programs/MultiPurposeAuthSite/MultiPurposeAuthSite/Web.config#L57]]
-必要に応じ、[[機能をロックダウンし、STS専用モードに変更する。>https://github.com/OpenTouryoProject/MultiPurposeAuthSite/blob/develop/root/programs/MultiPurposeAuthSite/MultiPurposeAuthSite/app.config#L307]]

***MultiPurposeAuthSite側 [#mdba1acc]
MultiPurposeAuthSite側の修正。

-[[管理者IDをMultiPurposeAuthSite2側と重複しないように変更する。>https://github.com/OpenTouryoProject/MultiPurposeAuthSite/blob/develop/root/programs/MultiPurposeAuthSite/MultiPurposeAuthSite/app.config#L98]]
-必要に応じ、[[属性の編集機能をロックダウンする。>https://github.com/OpenTouryoProject/MultiPurposeAuthSite/blob/develop/root/programs/MultiPurposeAuthSite/MultiPurposeAuthSite/app.config#L159]]

**実行 [#idfb5b6c]
-MultiPurposeAuthSiteとMultiPurposeAuthSite2を起動

-MultiPurposeAuthSite側のサインイン画面からID連携でログインを押下、~
MultiPurposeAuthSite2側で管理者IDを使用してログインすることでID連携をテストする。

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS