Open棟梁 wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

  • Open棟梁のバージョン番号付与ポリシーについてまとめた。
  • 基本的には、6ヶ月単位の定期リリースの際にバージョンアップさせる。

詳細

AssemblyVersion?

  • major.minor.build.revisionの形式で、AssemblyInfo?やProjectファイルに付与する。
  • AssemblyFileVersion?AssemblyInformationalVersion?はこの値を使用する。

major

後方互換は維持しているので、

  • コンセプト変更や、
  • 5年以上のminor更新の継続

などで、インクリメント。

minor

半年単位のリリースでインクリメントしていく。

build

NuGet?リリースの度にインクリメントしていく。

revision

使用しないので、常に0。

PackageVersion?

  • major.minor.buildの形式で*.nspecファイルに付与する。
  • revisionは使用しないので、AssemblyVersion?の頭3つと同じになる。

実運用

6ヶ月単位の定期リリース以外の例外運用についてメモ。

AssemblyVersion?PackageVersion?の関係

  • AssemblyVersion?のアップデートはリリースのたびに任意(.NETの仕様上)。
  • PackageVersion?のアップデートはリリースのたびに必須(NuGet?の仕様上)。
  • 従って、AssemblyVersion?PackageVersion?が一致しないことがある。

2つのバージョン番号を一致させるケース

  • 6ヶ月単位の定期リリース時
  • 修正範囲が上位パッケージを含め広範囲に渡る場合
  • バージョンアップを適用する場合、
    • 対象となる、上位パッケージのNuGet?参照をバージョンアップする。
    • この場合、アセンブリ・バージョン・リダイレクトの設定が必要になるケースがある。

2つのバージョン番号を一致させないケース

  • 例えば、最下位のPublicのみバージョンアップさせるケース。
  • 上位パッケージを修正しないでメンテナンスを済ませたい場合。
  • バージョンアップを適用する場合、
    • 最上位のアプリケーションから、新バージョンのNuGet?参照を追加して上書きする。
    • この場合、アセンブリ・バージョン・リダイレクトの設定は不要になる。

参考


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-22 (月) 11:10:41 (29d)