Open棟梁 wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

以下を確認して、

「Open棟梁を使用したアプリケーションでのOpen棟梁のバージョンのアップ」

を行う。

詳細

移行方法

  • アプリケーション側への影響を机上で調査、
  • バージョンアップ(&マイグレーション)し、
  • テスト結果に問題がなければリリースを行う。

互換性確認

必要に応じてリリース情報から互換性を確認し、

  • 移行が可能かドウか
  • 移行手順上の考慮点

などを確認する。

後方互換性

基本的に、後方互換性を維持しているので、
アプリケーションへの影響は少ない。

  • バージョンアップの影響は、テンプレートの
    バージョン間のDIFFを取ればある程度は解る。
  • WinForms?WebForms?で開発した
    .NET Framework版のB層、D層も、
    .NET Core版に、ほぼストコンできた。
  • 参考
  • OSSコンソーシアム

手順

02-00以前

ライブラリのバージョンアップ

Open棟梁本体の、
「\root\programs\C#\Frameworks」
以下のライブラリを最新のものに差し替える。

テンプレート側のバージョンアップ

  • 必要に応じて、テンプレート側の修正を取り込む。
  • テンプレート側からライブラリのNuGet?参照を最新化する。

02-10以後

ライブラリのバージョンアップ

NuGet導入、NuGet登録を開始したため、NuGet?の更新だけで済む。

テンプレート側のバージョンアップ

  • 必要に応じて、テンプレート側の修正を取り込む。
  • テンプレート側からライブラリのNuGet?参照を最新化する。

最新のテンプレートにP / B / D層ロジックを乗せる。

前述のマイグレーション方法では難しい場合、

最新のテンプレート

既存のP / B / D層ロジックを乗せる

方が楽なケースも考えられる。

参考

Open棟梁本体のバージョンアップ

Open棟梁テンプレート


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-10 (木) 11:04:32 (38d)