Open棟梁 wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

汎用認証サイト(Multi-purpose Authentication Site)
の導入前の評価を行うためのファーストステップガイド。

(6) では、汎用認証サイトの*2の認証連携を構成する。

手順

準備

ID連携コードの修正

必要に応じてID連携コードを修正する(どの属性を連携するかなど)。

サイトの複製

サイトを複製し、2つのサイトを準備する。

  • \root\programs\MultiPurposeAuthSite?\MultiPurposeAuthSite?フォルダをコピーして、MultiPurposeAuthSite2を作成。
  • \root\programs\MultiPurposeAuthSite?\MultiPurposeAuthSite?.slnファイルをコピーして、MultiPurposeAuthSite2.slnを作成。
  • MultiPurposeAuthSite2.slnがMultiPurposeAuthSite2フォルダ以下の*.csprojをポイントするように変更。

MultiPurposeAuthSite2側

MultiPurposeAuthSite2側の修正。

MultiPurposeAuthSite?

MultiPurposeAuthSite?側の修正。

実行

  • MultiPurposeAuthSite?とMultiPurposeAuthSite2を起動
  • MultiPurposeAuthSite?側のサインイン画面からID連携でログインを押下、
    MultiPurposeAuthSite2側で管理者IDを使用してログインすることでID連携をテストする。
    • 初回の連携:新規作成
    • 2回目以降の連携:属性更新

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-25 (水) 17:49:01 (664d)