Open棟梁 wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

本Wikiの内容がマニアックすぎるのでエンドユーザ様向けPR情報をサマリします。

事例情報

Open棟梁プロジェクトについて。

Open棟梁プロジェクトの背景について。

Open棟梁プロジェクトの背景は、生産技術ミッションのQCDF向上です。

Open棟梁プロジェクトの起源について。

起源(どのようにしてこのプロジェクトが立ち上がったのか?)

Open棟梁の説明

新(v2.0系)

  • v2.0系になって、以下のようにコンセプトを刷新しましたが、
    • 「迅速なサービスインの実現。」
    • 「クラウドファースト、モバイルファースト時代の開発に追随。」

Open棟梁プロジェクトの取組について。

最新のコンセプト説明資料

.NET Core, Linux対応情報

旧(v1.0系)

v1.0系のコンセプトは「エンタープライズ・システム開発のQCFD向上」です。

概要説明

機能説明

動的パラメタライズド・クエリ

Youtubeで「動的パラメタライズド・クエリ」のユーザ・エクスペリエンスを動画で確認できます。

汎用認証サイト関連

スマホでのシングル・サインオン

Youtubeで「スマホでのシングル・サインオン」のユーザ・エクスペリエンスを動画で確認できます。

FIDO 2.0 による生体認証

Youtubeで「FIDO 2.0 による生体認証」のユーザ・エクスペリエンスを動画で確認できます。

パスワードと生体認証の2要素認証にも利用できます。

OAuth / OpenID Connect導入

ソリューション

コンサルティング

汎用モバイル・バックエンド関連

・・・

エコシステム

コミュニティ

  • GitHub?上のOrganization

オンライン・サポート情報

Wiki

チュートリアル、利用ガイド

掲示板

質問などの書き込みはコチラにお願いします。

オンライン・コンテンツ

部会ブログ

NuGet?

  • 2017年10月から、NuGet?にライブラリの登録を開始しました。
    ダウンロード件数から開発のアクティビティを観測できます。
  • パッケージ・マネージャを使用した迅速な環境作成が可能です。
    (大規模開発などの場合、ローカルのパッケージ・マネージャ利用やパッケージ・マネージャを外すことも可能)

SlideShare?

Youtube

営業素材PPT

メール問い合わせ

メールでのお問い合わせはコチラにお願いします。

FAQ

メリット/デメリット

メリット

  • OSS(オープンソースソフトウェア)であること。
  • 企業としてDISCON(中断)になっても、OSSは継続可能。
  • 将来のマイグレーション時に最新バージョンを適用可能。
  • ライセンス
    Apache License, Version 2.0ライセンスなので
    • 製作物の商用利用が可能。
    • 改修可能(コピーレフトでない)
    • ライセンス・フィーの観点で無償である。
  • 高い透明性
    様々な情報がインターネット上で共有される。
    • ソースコード
    • サポート技術文書
    • ロードマップ
    • バグ情報
    • 開発者の感想
    • , etc.
  • SIerのノウハウを流用可能
    • SIerの治工具として開発されている。
    • システム開発の内製化にも適合する。
    • IDE + テンプレート + フレームワーク & ライブラリ
      という、開発支援ツールとして、新しいスタイルを採用している。

デメリット

自セグメントに適合しない場合、デメリットになる。

前述の「開発支援ツールとは?」で説明されている、
IDE + テンプレート + フレームワーク & ライブラリ」の、
セグメント・ターゲットに合致しているかを確認下さい。

  • IDE(統合開発環境)、Dry (Don‘t repeat yourself)
    • 数画面の小規模開発向け。
    • 中・大規模開発では破綻する。
      (e.g. : 画面数:30画面以上、開発者数:5人以上)
  • RAD ツール
    • ニッチ用途向けの開発環境。
    • 特定用途には適合する可能性がある。
  • EUC ツール
    • エンドユーザーでのコンピューティングを実現。
    • デザイナ+自動生成機構などを活かした高い生産性。
    • 柔軟性が低いので要求に答えられないことがある。
  • 統合 CASE ツール
    • 大規模SIに於けるSIer側の需要に特化。
    • ウォーターフォール・モデルにのみ適合。
    • エンド・ユーザーが使うのは難しい。
  • IDE + テンプレート + フレームワーク & ライブラリ
    • 高い柔軟性を維持したままQCDを向上できる(≒QCDF)。
      • 多様な処理方式に対応
      • 最新技術への追随が可能。
      • クロス・プラットフォームにも対応
  • 標準的なフレームワーク & ライブラリを採用することによって、
    • 習得コストが低くなる。
    • 要員確保も容易になる。
  • EUCではない。
    • 柔軟性を発揮するには、テンプレートを改修するため、ある程度のスキルが必要。
    • ただし、テンプレート化によって標準化され、追加開発のハードルは下がる。
      (このため、SIだけでなく内製化にも適合する)。

習得について

質問

  • 引継ぎや教育がどれくらい必要か?
  • どれくらい勉強が必要なのか(難しいものなのか)?

回答

  • 目安
    • 立上げ、テンプレート化を行うリードエンジニアにはVisual Studio, .NETの一般的知識が必要になります。
    • リードエンジニアのファーストステップは、「チュートリアル、利用ガイド」を使用して3日程度で実施可能です。
    • テンプレート化の後は、画面 - DBMS間の項目移送を実装するレベルのスキルで開発が可能になります。

その他

画面イメージ

コチラをご参照下さい。

保守・改修イメージ

  • 本開発基盤、開発ツールはリポジトリなどからの自動生成を主体としておりません。
  • 故に、新規開発時も保守・改修時も、
    • 開発ツールの利用方法は大きく変わりません。
    • IDE(Visual Studio)標準のエクスペリエンスで開発が可能です。

内部リンク

適用効果

コンセプト

機能一覧

評価方法

サポートについて

リリース情報


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-20 (金) 18:08:18 (11h)