Open棟梁 wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

  • ログ出力方式について纏める。
  • Open棟梁では内部でlon4netを使用しているので、
    ココの記述は、lon4netの仕様を含んだ説明となっている。

詳細

設定

設定詳細

設定例

ログの種類

ログの種類毎に主要コンポーネント(ロガー、アペンダ、レイアウト)を準備

アクセス トレース ログ

  • 定義
    デバッグや、パフォーマンス・アクセス分析で重宝する。
  • アプリケーションへのアクセス状況と処理状況(処理内容、処理時間)を
    フレームワークに埋め込んだトレースからログ ファイルに出力する。
  • アクセス トレース ログの実装は、”Open棟梁”の各レイヤの
    ベースクラス2」上に共通処理として実装できる。
  • 例外発生時のExceptionの情報もコチラに出力する。
    • 正常時のログ出力情報は、性能の観点から、最小限とする。
    • 異常時のログ出力情報は、エラー・障害原因の究明のため
      詳細に出力する(エラー メッセージ、スタックトレースなど)。
  • フォーマット
    下記は、アクセス トレース ログ出力のテンプレート・フォーマット。
  • ヘッダ
  • log4netヘッダ
    ・タイムスタンプ
    ・ログ レベル
    ・スレッドID
  • カスタム ヘッダ
    ・(認証)ユーザ名
    ・IPアドレス(端末の識別が可能な情報)
  • メッセージ
  • レイヤ、開始・終了
    ・[Init] or [Postback] : P層の画面のイベント処理
    ・"----->" : P層 のコントロール イベント処理の開始
    ・"<-----" : P層 のコントロール イベント処理の終了
    ・"----->>" : B層 業務処理の開始
    ・"<<-----" : B層 業務処理の終了
  • 画面名
  • コントロール名
  • メソッド名
  • 処理区分
    ・実行時間(ミリ秒)
    ・CPU時間(ミリ秒)
  • 例外情報
    ・ErrorMessageID
    ErrorMessage?
    StackTrace?
    ToString?() した方がイイかも。

SQLトレース ログ

  • 定義
    SQLに絞ってになるが、アクセス トレース ログと同様に、
    デバッグや、パフォーマンス・アクセス分析で重宝する。
  • フォーマット
    下記は、SQLトレース ログ出力のテンプレート・フォーマット。
  • ヘッダ
  • log4netヘッダ
    タイムスタンプ
    ログ レベル
    スレッドID
  • カスタム ヘッダ
    ・(認証)ユーザ名
    ・実行時間(ミリ秒)
    ・CPU時間(ミリ秒)
  • メッセージ
  • Command
    CommandText?(実行時のSQL文)
    CommandParameter?(実行時のパラメタ一覧)
  • 例外情報
    StackTrace?
    ToString?した方がイイかも。

オペレーション トレース ログ

  • 定義
    業務のイベントをログ出力する。
  • フォーマット
    アプリケーション側で規定する。

参考

マイクロソフト系技術情報 Wiki


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-05-25 (火) 01:42:37 (19d)