Open棟梁 wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

テスト自動化について

技術面

  • Jenkinsが結構使い難い。
  • 特に、pluginのinterfaceが微妙。
  • ツールのバージョンアップもサイクルが早い。
    片手間で、時間ができたから再開しようという感じだと、
    その頃には、既にツールがバージョンアップしている。

サマリ

片手間では、なかなか上手く行かなかった。

  • 基本ソフト、ミドルウェア、サービスのように自動化に本腰を入れる必要があるものでないと難しい。
  • リリース前に一気にカバレッジを上げその後テストしないようなSIのスタイルには合わない。

詳細

issues

#152

テストコードに問題があった。
片手間であれば、テストできるのは疎通の範囲ぐらいだろうか。

#172

test projectの修正依頼の指示を作成しきれなかった。

自分でテストプロジェクトを修正することにした。

fix_test_projects branch

テスト・プロジェクトの修正に苦戦して現在、途中で挫折(削除済みで現存しない)。

やろうとしたこと。

  • Jenkinsでの定期的なCI実行
  • Githubからのクローン。
  • クローンしたソースコードをビルド
    • FxCop?での診断結果の公開
    • Doxygenでのマニュアル生成と公開
  • ビルドしたモジュールのテスト
    • NUnitでのオールグリーンの確認とテストレポートの公開。
    • OpenCover?でのカバレッジメジャーの確認と公開。

参考

Jenkins構築

テスト自動化 - マイクロソフト系技術情報 Wiki


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-25 (木) 21:00:44 (50d)