Open棟梁 wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

概要、コンセプト。

3.x 系

  • 「IoT、ビッグデータ開発基盤」をコンセプトに追加しました。
  • 従来型の、
  • スクラッチ開発(労働集約的事業)
  • 自社開発(垂直統合型事業)
  • SIテンプレートを使用したパッケージSI事業

は、今後、厳しくなることが予想されるため、
内製品がゼロになるような将来を見据え、
パッケージやSaaSを用いたインテグレーションを
迅速に行うための「繋目」にフォーカスする。

概要図

コンセプト3

参考

2.x 系

サービス開発基盤

サービス開発基盤として、レガシー技術をモダナイゼーション

コンセプト2

OAuth2 / OIDCアーキテクチャによるWebAPIサポート

OAuth2 / OIDCアーキテクチャによるWebAPI経由のリソース・アクセスの認証・認可

コンセプト

マルチサイド・プラットフォームの実現

  • マルチサイド・プラットフォーム構築に必要な認証と連携
  • 認証機能は、OAuth2 → OIDC → SAML2 → FAPIと進化を継続中。
コンセプト2

1.x 系

  • 統一した処理方式でアプリケーションを実装することによりQCDFの向上を図る、
    エンタープライズ・システムを構築するためのSIerの治工具ツールです。
  • 2007年から累計、100件以上のエンタープライズ・システムのSI案件に導入されてきました。

エンタープライズ・システム開発基盤

  • プログラム
    プログラム
  • 処理方式
    処理方式

ミッションクリティカル システムを支える

  • .NETを使用してミッションクリティカルな
    エンタープライズ・システムの構築・運用を支えるSIerの治工具ツールです。
  • 統一した処理方式でアプリケーションを実装することによりQCDFの向上を図ります。
  • 長年の.NETアプリケーション開発実績にて蓄積したSIerのノウハウが集約されています。
  • EUCツールと異なり、
    • システム・アプリケーション開発に関する知識が必要になります。
    • しかし、高い柔軟性・拡張性を持つ、高品質・高信頼性のシステムの開発が可能です。

詳しくは、「適用効果」をご参照ください。

オープンソース・ライセンスの適用

Open棟梁は、Apache License Version 2.0を採用しており、

  • 商用案件でも自由に利用することができます。
  • Github上で開発を行っているため、
    • 開発状況(プロジェクトのアクティビティ)を確認することができます。
    • Issue登録を行い、問題の修正や機能追加を依頼することができます。
    • また、ご自身がコミッタとしてプロジェクトに参加することもできます。

開発支援ツールとしてのタイプ

「テンプレートと最小限のフレームワーク & ライブラリ」に該当する。

詳細(機能)

3.x 系

2.x 系

2.x 系からは、新コンセプトとともに、サービス開発基盤機能を実装します。

汎用認証サイト

  • インターネット環境でも安全に利用可能なシングル・サインオン対応の認証基盤
  • SAML2 / OAuth2 / OIDC / FAPI
    • シングル・サインオン
    • アプリケーション間連携機能

汎用モバイルバックエンド

  • 前述の認証と、JSON-RPC対応の強化により生まれた。
  • WebAPIを利用したクロスドメイン・アクセスを実現。
  • フロントエンド系の技術であるSPAやモバイル系のテンプレートを整備

1.x 系

  • ビジネスロジック層、データアクセス層を、標準化されたアーキテクチャで実装可能
  • ビジネスロジック層以下を多様化の著しいフロントエンド(UIサブシステム)に対して、提供できます。
  • これにより、エンタープライズ・システム開発における"新技術導入"と"生産性向上"を両立します。

フレームワークのタイプ

  • 標準化の枠組としての特徴
    • P・B・D層に渡る、アプリケーション構造を標準化可能。
    • 物理アーキテクチャ(C/S、Web、WebAPI、ハンディ、クラウド)を問わない。
    • 論理アーキテクチャや使用する開発テクノロジについては、一部前提あり。
  • フルスタック・フレームワークとしての特徴
    P・B・D層の各レイヤのフレームワークを持つフルスタック・フレームワークです。
アーキテクチャ
  • 下位スタックに標準的なランタイム・フレームワークを活用し、それより上位のスタック
    (標準化の枠組み、保守性を向上させる緩衝層、部品・ツールなど)を開発しています。
スタック

各種開発支援機能

  • 自動生成ツール
    DBMSのスキーマ情報を利用したコードの自動生成
  • クライアント・ライブラリとサービス・インターフェイスから構成され、
    .NETオブジェクトのバイナリ転送(シリアル化・逆シリアル化)~B層呼び出しを自動化する。
  • これにより、C/S3層などの物理3層アーキテクチャの実装を容易にする。
  • クロスプラットフォーム対応時は、SOAPやREST形式の汎用サービス・インターフェイスを公開する。
  • その他
    国際化対応、共通部品等が整備されている。 その他の機能については、機能一覧を参照して下さい。

添付ファイル: filefx_image22_s.png 44件 [詳細] filefx_image12_s.png 26件 [詳細] filefx_image23_s.png 29件 [詳細] filefx_image3_s.png 57件 [詳細] fileframework2.png 198件 [詳細] fileframework1.png 210件 [詳細] filefx_image21_s.png 48件 [詳細] filefx_image11_s.png 34件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-06 (金) 11:26:31 (100d)