Open棟梁 wiki」は、「Open棟梁Project」,「OSSコンソーシアム .NET開発基盤部会」によって運営されています。

目次

概要

エラー・メッセージの共通編集処理は、”Open棟梁”の、

  • ベースクラス2
    • 画面コード親クラス2
    • 業務コード親クラス2
  • サービス インターフェイス

上の共通処理に実装可能。

実装位置

エラー・メッセージの共通編集処理の実装位置は、以下の2箇所

「業務例外」の共通エラー メッセージの編集処理

「画面コード親クラス2」の「業務例外」の例外処理メソッド

「システム例外」の共通エラー メッセージの編集処理

「画面コード親クラス2」の「システム例外」の例外処理メソッド

実装方法

固定のメッセージID、メッセージを使用する場合

固定のメッセージID、メッセージを使用する場合

メッセージの雛形が外部媒体に定義されている場合

メッセージの雛形が外部媒体に定義されている場合

可変文字列

「業務例外」では、例外に可変文字列を設定して、それをメッセージに組み込むこともできる。

https://github.com/OpenTouryoProject/OpenTouryo/blob/develop/root/programs/CS/Frameworks/Infrastructure/Framework/Exceptions/BusinessApplicationException.cs


添付ファイル: file2.png 54件 [詳細] file1.png 54件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-06-14 (木) 17:28:50 (10d)